スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

75日目 青森~北海道函館

6/4 75日目。晴れ。



とうとうこの日が来た。



現在地は青森県下北半島の西海岸付近。

目指すは本土最北端の大間崎近くにある、
大間港フェリーターミナル。
ここからフェリーを利用して、函館に行く事となる。



朝5時起床。

P1050072.jpg


昨日は少しソワソワして、
24時頃まで眠れなかった…(ー ー;)

フェリーの出港時間について調べたのですが…

第一便は朝の7時…か…。

現在地から大間港まで2時間かかるので、
乗るなら余裕を持って朝4時30分に出発しなければならない。

寝不足になっちゃうし、これは無理だわ( ;´Д`)

14時10分のフェリーに乗る予定にしました。

時間が余るから、本州最北端の大間崎や温泉に入って時間を潰そう。

いつもよりゆっくり支度をして、
8時30分、出発。




下北半島の西海岸と峠道の国道338号、通称海峡ラインを走って北上する。

P1050074.jpg

P1050075.jpg

P1050080.jpg

P1050085.jpg

P1050086.jpg


綺麗な路面と、荒れ果てた凸凹の路面がはっきり別れた道路でした。

綺麗な路面を走ってる間は最高です。

突然路面が荒れ果てた区間が現れるので
調子に乗ってスピードを出すと、危険です。

途中のガードレールには誰かが突っ込んだ痕跡がいくつかありました。


海峡ラインを走り続けると、
切り立った岩が見える。

P1050077.jpg

仏ヶ浦と呼ばれる景勝地です。
いい眺めだ。


さらに途中、海岸に馬鹿でかい岩が見える。

P1050087.jpg

P1050090.jpg


これはっ!
すごい大きさだ!

調べてみたら腰切岩と言うらしい。

観光名所になっててもおかしくないくらいの見応えだ。

近づいてみる…

P1050089.jpg

でっか〜い!!

日本一周をしていると、
観光名所じゃなくても、
偶然素晴らしい景色が見える場所に遭遇したりします。

そういう隠れた名所は、
知られていないだけで、
実はたくさん存在するのかもしれない。

ここもその光景の一つだと思った。



10時30分頃、本州最北端の
大間崎に到着。

P1050096.jpg

P1050092.jpg

P1050094.jpg

P1050097.jpg

P1050104.jpg

P1050105.jpg



大量のカモメ。

遠くに見える孤島の灯台。

そして周辺に立ち並ぶマグロのお店。

いままで行った"端"の中では、
景観も、売店の充実ぶりも
一番良かったかもしれません。

ここ大間はマグロの一本釣りとして有名だそうです。

P1050095.jpg


昨日、龍伯ラインの展望台で会ったおじさんにも
大間に行ったらまぐろを食べろと勧められたので、
ちょっと昼には時間は早いけど、大間のまぐろを食べましょー!

しかし、周辺を散策してみると、
マグロ丼の相場は2000円くらいか…
なかなかお高いな(´・ω・`)

P1050099.jpg


どこか安くておいしい店は無いかと、
調べるために観光案内所の中に入ると、
大音量の三味線の音色が聞こえる。

スピーカーから流れてるのかと思いきや、
奥へ行くと三味線を激しく弾いてるおばちゃんがいるではないか!

しばらく聞き入ってしまった。

演奏が終わった後、拍手!!

すごく良い音色でした( ´∀`)

津軽三味線と言うらしい。

P1050101.jpg

親切にも、
おばちゃんが三味線を持っていいよ、
と言うので

ジャーン、持ってみました。

P1050100.jpg


思ったより軽いです。

弾き方を教えてもらったけど、
手首の動かし方にコツが必要で難しい!

マスターするには一年はかかるそうだ。

この案内所でこうやってよく三味線を弾いているらしい。

僕みたいな日本一周をしてる若者も
何人も見てきたそうだ。

本州最北端の地だから、
日本一周してる人が来ても、
珍しくないかもしれませんね。

おばちゃんからまぐろを食べられるお勧めの店を教えてもらったので、
移動しました。

ちなみに、後で見た時には、ものすごいギャラリーが集まってましたw
あの演奏は一見の価値ありです。





で、行った店の名は、海峡荘。

P1050103.jpg

まぐろ漬け丼を注文。
1000円とお安いです( ´ ▽ ` )


安いから赤身マグロが出てくるもんだと思っていたら…

P1050102.jpg


こっ…この脂の乗ったピンク色に輝く身は…!?


ま…まさか…?!




こ、これ…中トロじゃん!!!!Σ(゚д゚;)



思わず店員に確認しちゃいました。



中トロを口に運ぶ…


その瞬間ッ…!!


口の中で溶けるッ!!


噛む必要は皆無!!




うますぎいいいいいいぃぃ!!!!!





うるさくてすみません。
こんな感じで心の中でずっと叫んでました(;´∀`)


マグロ一本釣りの町、大間のマグロは本物だった。

こんなに美味い中トロ、なかなか食べられない。







至高のマグロ丼に大満足し、
時刻は11時30分。

フェリー到着までまーだまだ時間があるな。

よし、北海道に入る前に身体を清めておこう。

この周辺には温泉博士に掲載されている温泉はないので、
久々にお金を払っての入浴だ。

近くにあった大間町海峡保養センター。
入浴料370円。

P1050107.jpg




そういえば、今まで洗濯物をどうしてるか、
一度も記事にしたことが無かったですね。

この男はいつ洗濯しているのか、
もしかして何十日も同じ下着を履いてるんじゃないか…

そうお思いの方もいるでしょう。



半分正解です。

下着は3,4日くらい、平気で同じものを履き続けます。

キャー、不潔ー!

服の中なんて誰にも見えないし、
こまけぇーこたぁーいいんだよ(^ω^)
当の本人はそれで平気ですしw



で、今日みたいな人が少ない温泉や銭湯を見つけたら
備え付けのボディーソープを使って、洗面台で全部手洗いします。

絞ると灰色に濁った、薄汚い汚水が滴ります。
そして、バイクのシートバッグのゴムネットに挟んで、
あとは走行風で自然乾燥です。

P1050106.jpg

このやり方で、1枚のパンツと靴下が行方不明になりました。





風呂を入り終えて、13時、大間港フェリーターミナルに到着。

P1050108.jpg

P1050109.jpg

運賃4700円を支払い、乗船開始!



もう胸がドキドキです。

本州の梅雨入り前になんとか北海道に向かう事ができました。
津軽海峡~梅雨~景色~♪
にならなくて良かったです(;・∀・)

北海道は旅行では何回も行ったことはあるけど、
バイクでの上陸はこれが初めてです。



さぁ、いよいよだ…。


心の準備は出来たか。

新品のパンツに履きかえたか。

P1050112.jpg


津軽海峡フェリーがゆっくりと動き出し…


P1050113.jpg


さらば本州!

P1050116.jpg


いざぁ!


P1050118.jpg




北海道へ!!!






60分後…






(-_-)zzz




ハッ!Σ(゚д゚)


函館山付近を通過したとのアナウンスで目が覚める。



そして、函館港に到着。



バイクに乗り込み、北海道への扉が開く…!

P1050120.jpg







ついに、バイクで北海道に上陸しました!







とりあえず函館市内でどうするかは決めていました。

まずは函館朝一どんぶり横丁市場。

P1050124.jpg

P1050129.jpg

ここで、イカの踊り食いをする予定でした。

が、肝心のお店の営業時間が15時までだった!
ざんねーん…(´・ω・`)

イカの踊り食いが出来る店の名は、一花亭たびじ。

P1050121.jpg

インターネットを通じて海外にも紹介され、
外国人にカルチャーショックを与えた、
伝説のイカの踊り丼。

P1050125.jpg

生きているイカに醤油をぶっかけて、
そのまま食べるというマジキチスタイルですw

いやー、食べてみたかったな…残念。
ちょっと勇気が要りますが。

北海道を一周したらまた寄ろう。



同市場内の安い海鮮丼で軽いジャブから入ります。
780円。

P1050127.jpg


うん、美味い。
朝食べた大間のまぐろには負けるけどw



つぎ、函館駅前のくまざわ書店に向かう。

ここで購入したかったのが

北海道情報誌HO(ほ)

P1050130.jpg

これは岐阜の温泉で出会ったおっさんに教えてもらった雑誌です。

温泉博士は日本全国の温泉を無料で入れるので非常に助かりますが、
北海道は4件しか掲載されていません。

そこで、このHOです。

HOは逆に北海道内のみでしか利用できませんが、
道内の無料温泉クーポン30箇所、
半額クーポンも含めると実に59箇所にもなります。

このHOと温泉博士を組み合わせることで、
道内のどのエリアにいても、
タダ風呂が楽しめます!

値段は590円。

一回入浴すればほぼ元が取れます。

おっさん、ナイスな情報をありがとう!

ついでにツーリングマップル北海道版も買っちゃったw

立ち読みしてみたら、
無料キャンプ場、RH、お勧め観光地、
温泉、名道に至るまで、
かなりわかりやすく情報がまとめられていたため、
購入に至りました。

これでネットで検索する手間も省けたし、
夜のテント内で充電や電波を気にせずに計画も立てれそうだ(^∇^)





時刻は17時30分。

あとは函館山からの夜景が見れれば、大満足でございます。

日没まで時間があるので、
マップル観光ガイドに載っていた名所を見て回る。




金森赤レンガ倉庫。

P1050131.jpg

おみやげコーナーに行くと…

やっぱりあったよ試食コーナー!

おみやげを買うつもりなんてないのに、
モリモリ食す。

P1050136.jpg

ふぅ、お腹いっぱい(^ω^)

まさに外道。





八幡坂。

P1050135.jpg

坂の上から函館湾を望む。





そして18時30分、函館山周辺に到着。

バイクで登ろうとしたら、
バイク通行禁止だとぉ〜?(ー ー;)

仕方ないのでロープウェイ往復1160円を支払う。

P1050137.jpg

くそっ
なかなか良い値段するな。


フワフワと揺れるロープウェイで山頂まで登ります。

P1050139.jpg

もちろんこの時点では夜景は見えない。
陽が沈むまで、待つしかない。

P1050142.jpg


徐々に太陽は沈んで行き…

P1050143.jpg

P1050149.jpg


函館の街に、一つ、また一つと

P1050156.jpg


街灯が灯され始める…

P1050157.jpg




完全に太陽は沈む。

19時30分。

P1050178.jpg

P1050179.jpg


函館の100万ドルの夜景がその姿を顕す。

P1050179.jpg

P1050183.jpg


人の営みが作り出す絶景。

P1050186.jpg

P1050189.jpg




えーと…気付いたら20時でしたw

完全に目を奪われておりました。



さぁ、今日の目的はこれで達成だ。
ロープウェイを下ろうと思ったら…

なんじゃこの大混雑は(;´Д`)

P1050191.jpg

行列に並んで、山を下りました。


さぁ、後は、野宿先をどうするかだ…。
こんな時間まで遊んじゃって、どうしましょ…(;´∀`)


とりあえずこの先の計画は全く考えていなかったので、
大雑把な計画として、北海道を時計周りに走る事にしました。

その結果、今日の野宿先に挙ったのは、道の駅しりうち。

IMG_2801.jpg


箱館山から61km西に進んだ地点だ。
到着予想時刻は、22時…しんどーい(;´Д`)

途中、どうしてもお肉が食べたくて
すき家に寄り道したりしながら、

21時30分、道の駅しりうちに到着。

P1050192.jpg



北海道一日目、終了〜。




北海道一日目からなかなかハードに動き回りましたが、
その分充実した一日でした。

今日は疲れたので、
明日はゆっくり走ろうかと思います(;´∀`)

目的地は…う〜ん、どうすればいいんだろう…。
寝る前に考えなきゃな。



では、また明日〜( ´Д`)ノ

74日目 青森

6/3 74日目。晴れ。

5時起床。

テントから出ると、朝露でninja1000がべちゃべちゃ…(´・ω・`)

先日の雨で泥まみれになっていたので、
ちょうどいい具合に濡れているのを利用して、
タオルで拭き拭き、簡易潤滑油をチェーンに吹きかける。

よし、綺麗になった(^∇^)

6時30分、出発。



龍伯ラインはすぐ目の前だ。

海側沿いに続く、名道を走る。

P1040978.jpg


毎朝名道を走るのが東北地方の恒例行事みたいになってきたな(^_^;)


少し走ると、早速ぐねぐねと曲がる道が見えてきた!

P1040979.jpg

いつ見てもこの瞬間は、期待で胸が高まります!

かなり坂道が険しいワインディングだ。

コーナーの後の坂道を、
シフトダウンして
Ninja1000の馬力でぐいーっと駆け上がる!

急な坂道をねじ伏せる感覚が超気持ちいい!

あっという間に頂上の展望台に到着。

走っている間は、景色もそこそこ綺麗な
楽しいワインディングロード。

しかし、この名道の絶景ポイントは、
この展望台から見下ろす

P1040981.jpg

P1040982.jpg


"通って来た道"


そのものだった!



展望台から下を見下ろすと、
これまで走ってきたワインディングロードが
一望できます。

バイクでツーリングを楽しむ人なら、
こんな光景を見たらもうワクワクしますよね!

階段を登って、更に上からの景色も楽しむ。

P1040983.jpg

P1040988.jpg

P1040985.jpg



いいねぇ、この道のうねり具合!

P1040989.jpg

P1040986.jpg

P1040987.jpg

見てるだけでワクワクしちゃう(#´Д`)ハァハァ

上にもバイク乗りのおじさんが居て、
しばらく話をする。

東北地方の名道は最高だぁ、って結論が出ましたw


この後は龍泊ラインの終点まで走って、
龍飛(たっぴ)崎に到着。

P1040994.jpg

モニュメントの説明によれば、
この海の真下に青函トンネルがあるらしい。

P1040995.jpg

青森から北海道まで続く、世界一長い海底トンネル。

よくもまぁこんな長い距離を
掘り進んだもんだ。

近くに青函トンネル殉職者慰霊碑もあったので、
青函トンネルが完成するまでに
多くの犠牲もあったのだろう。

そりゃあ、海の中を掘り進むんだから、
只事ではないですよね。。

南無南無(ー人ー)

青函トンネルの地下通路を見る事ができる所があったけど、
この時はまだ朝8時で、
営業時間外だったので、
諦めました(´・ω・`)

開いてたら是非見てみたかったけど、
1時間も待てないし、仕方ないね。

外に展示されていた海底トンネル内で
使われた機械だけを見て、この場を去りました。

P1040999.jpg

P1050001.jpg


ここからはしばらく海沿いに走り続けて、
青森市内に到着しました。

温泉博士に掲載されていた温泉、フラワー温泉花月苑に入ります。
これでタダ風呂は5回目だ。

P1050005.jpg

2日ぶりの入浴!


はぁー気持ちよかった~( ´∀`)
ホッカホカだ。

…けど普通の銭湯って感じで、
とりたてて良い所は無かったw

シャンプーもボディーソープも無いのは仕方ないとして、
ドライヤーで金を取るとか、ないわ…(´・ω・`)

温泉博士に掲載されてる温泉は同じ無料でもピンキリだなw
ここ最近温泉博士で入った温泉は全部最高だったんだけどな(;・∀・)



その後、近場の道の駅、ゆーさ浅虫で昼食。

帆立しょうゆラーメンを注文しました。

P1050006.jpg

帆立って、あまり好きじゃなかったんだけど、
これはうめぇわ!!( ゚д゚)
陸奥湾で取れ立ての帆立、おいしかったです。

お風呂も入って昼食も摂って…

う〜ん、眠い…。


でも、頑張ろう。


今度は青森県の太平洋側に向かう。

青森県の海沿いの景色は、どこを走っても
変わらず素晴らしい。

P1050007.jpg

P1050008.jpg




15時頃、尻屋崎に到着。
ブログのshibaさんのコメントで
お勧めされたので、予定変更して行ってみました。


先に御礼言っておきます。

超最高でしたw
ここも本当に行って良かったと思った。
コメントが無ければ完全にスルーだった。

到着早々お目にかかれたのが



馬。

P1050012.jpg

写真は仔馬です。

これ、ただの馬じゃない。



寒立馬と呼ばれる、
真冬の青森県のこの地に放牧しても
粗食だろうが雪が降ろうが越冬できるという、
超タフで巨大な馬です。

この蹄(ひづめ)!

P1050014.jpg

この足!

P1050015.jpg

そして、この巨体!!((((;゚Д゚))))

P1050017.jpg

P1050013.jpg

北斗の拳のラオウの黒王号だろ、これw



で、馬が地面を蹴るとね。

芝生が揺れるんですよ。

ドスン、ドスンって、
僕の足元に響いてくるんです。

本当にすごい迫力だった!!

P1050019.jpg

P1050020.jpg


海沿いにも生息する寒立馬たち。

P1050023.jpg

P1050024.jpg


ninja1000と一緒に撮影。
いい絵が撮れました( ´∀`)

P1050025.jpg

P1050026.jpg

尻屋崎灯台を通って

P1050027.jpg

白波が立つ、荒々しい海の光景を見ながら走る。

P1050028.jpg

P1050031.jpg

P1050030.jpg

いやー、最高でした。

情報ありがとうございました。




次は本日の最後の観光地、
恐山に行きます。

死者の魂が集まると言われる霊場恐山。
三霊山の一つ。

今回の日本一周では
比叡山、高野山は行かなかったけど、
恐山は霊場としてよく耳にするので、
行ってみたかった。

霊感が強い人だと
ここへ行くと霊を拾って帰ってくる事があるらしいけど、
僕は霊の存在を信じていないし、
霊感も無いので大丈夫です。



恐山に続く県道4号を走る。

死を暗示する数字の4。

これは偶然なのか、狙っているのか。

ちなみにこの県道4号、
路面が綺麗でワインディングもあって、
すごく気持ちがよかったですw

恐山周辺に到着すると
三途の川がありました。

P1050037.jpg

P1050035.jpg

人は死ぬ時、この橋を渡るのか。



17時、恐山霊場に到着。

P1050039.jpg


まずは賽銭、参拝。

P1050040.jpg

P1050045.jpg

P1050041.jpg


何でこんな所に痛絵馬が…(;・∀・)

P1050044.jpg

P1050043.jpg

恐山周辺は硫黄の臭いが立ちこめる。
寺の中の排水溝は、硫黄で黄色くなっていた。

P1050042.jpg



その後、死者が彷徨う恐山の岩場を歩く。

P1050046.jpg

P1050049.jpg

P1050050.jpg

P1050052.jpg

ゴツゴツとした岩場は、地獄の光景を彷彿とさせる。

P1050047.jpg

P1050053.jpg

P1050055.jpg

P1050060.jpg

P1050058.jpg

P1050062.jpg

P1050055.jpg

P1050063.jpg

P1050066.jpg


太陽の光がさすと、
天国のような光景にも見えます。

P1050065.jpg

東日本大震災を弔う石碑が作られていた。
もし霊が存在し、死者がこの場に集まるのならば、
犠牲になった人たちも、ここを通ったのかもしれない。

P1050061.jpg

合掌して、ここでご冥福をお祈りしておきました。



硫黄の臭いもかなり強烈だ。

川は硫黄で完全に黄色になっている。

P1050057.jpg

岩場の隙間からは、硫黄のガスが噴出している。

P1050067.jpg

P1050069.jpg


18時、恐山の観光終了。

恐山は、
本当にこの世とあの世の境目に来たような、
何とも不思議な感覚がします。

一度この目で見る事ができてよかった。



下山して、再び海岸沿いを走り続け…

日も暮れかかった19時頃、
道の駅わきのさわに到着。

P1050071.jpg




さて、明日は…


ついに北海道上陸です!

やっべー、緊張してきたw

いよいよ旅も大詰め、
クライマックスに突入だ。


さぁ、全く計画立ててないけど、
どうやって楽しもうかw

まだまだ日数はたくさんあるし、
とりあえずゆっくり走る事にしよう( ´∀`)



それでは、また明日!



---------------------
走行距離342km

73日目 秋田~青森

6/2 73日目。晴れ。

6時30分、撤収作業を終えて出発。

P1040899.jpg

P1040900.jpg


目指すは男鹿半島。

さぁ、野生のなまはげを探しに行くぞー(^ω^)

まずは男鹿半島に行くついでに、
名道、寒風山パノラマラインを通ります。

P1040902.jpg

P1040903.jpg


生い茂る森の中を走り抜けると、
突如、視界が広がる!

うっひょー!!

今回は草原だ!

P1040904.jpg

P1040910.jpg

P1040913.jpg

P1040914.jpg


東北地方の名道は
本当にバリエーション豊かですね!

P1040905.jpg

頂上の展望台まで登ってみる。

P1040906.jpg

P1040907.jpg

P1040909.jpg


ここまでくる途中に見えた田園風景。

小高い草原。

そして海。



なんて…なんて美しい光景なんだ…。

しばらくずーっと景色を眺めていました。

朝から感動致しました。



寒風山を降りた後は、目的地も無く
ただなんとなく男鹿半島の先っぽに向かう。



登山家は言う。

そこに山があるから登るのだと。



じゃあ、日本一周人は?

そこに端があるから走るのだ。

岬があると、
これ以上はもう行かなくてもいいと
思っているのに、
行ってしまうのだ。

8時30分、男鹿半島最北端、
入道崎に到着。

P1040915.jpg


最近内陸部ばかり走っていたから、
久々に見る海の景色は最高だ。

P1040918.jpg

沖縄に居た頃は、もう海はいいやって思ったけど、
しばらく見てないと、
恋しくなるものなんですね( ´∀`)

この岬は、なだらかな草原になっていて、
今までの岬とはひと味違う景色でした。



男鹿半島最北端のモニュメント。

P1040917.jpg

ここで30分くらい
遠くの海を渡る漁船を眺めながら
センチメンタルな気分に浸る。

あぁ、僕は今、東北地方にいる。

ずいぶん遠くまで来たもんだ…。

海の景色って、人の心を感傷的にさせるね。

P1040920.jpg

P1040919.jpg


ゆっくり景色を見た後、近くの食堂で軽く飯でも食べるかと思ったら

財布がすっからかーん!!

こんなところにATMは…無いわなぁ…。

感傷的な気分から、残念な気分になってしまった…w



とりあえず何があるのかな~と
売店の近くまで行くと…



野生の(?)なまはげを発見!!

P1040921.jpg

近くで見るとなかなか恐い顔をしてらっしゃる。

P1040922.jpg

下の写真の中央付近に居るのは、
仕事を辞めて放浪中の新種のなまはげです。

P1040923.jpg

金欲しさに、包丁を持って、
各家庭を土下座しながら回ると言い伝えられています。

ドMなので、見つけたら
背中にドライヤーの熱風を当ててあげてください。

大喜びします。





この一番奥のなまはげ…動くぞ。

P1040925.jpg

左手に持った包丁を上下させながら、
デスボイスで

"悪い子はいねがー!!"

ってずっと叫んでました((((;゚Д゚)))))))





さぁ、引き続き男鹿半島を走ろう。


男鹿国定公園、八望台とやらを発見。

P1040929.jpg


行ってみる。

P1040933.jpg


マールと呼ばれる火山活動によって形成された巨大な湖が見渡せます。

P1040932.jpg

ここにはマールが三つあって、写真はニノ目潟という名の湖です。

P1040931.jpg

綺麗な円形をした湖で、面白いね。

マールだけに。


…さむっ(^ω^)






また走って、10時30分、
今度はゴジラ岩とやらを発見。

P1040939.jpg

急な坂道の下の干潟に車がたくさん停まっていたので行ったんだけど…


バイクだと超危険です!

凹凸が激し過ぎて、何回もコケそうになりました。。

P1040947.jpg

大袈裟に例えるなら、鬼の洗濯岩の上を走るようなものです。

死ぬ思いでUターンして、
坂を駆け上がって、上で駐車しました。

よくみると、こんな看板が。。

P1040940.jpg


車両ですら危険な場所に入ってしまった。

ゴジラ岩まで歩いて、撮影してみる。

P1040941.jpg


うーん、夕日の時間じゃないとイマイチかな。

逆光ならまだ良かったけど、
思いっきり日に当たってるし。

採光量を調整して、それっぽく撮影してみたけど、暗すぎる。

P1040942.jpg

まぁ、確かにゴジラに見えなくもない。


しかしこの男鹿半島、めちゃくちゃ景色が良いし、

P1040926.jpg

P1040934.jpg


路面も綺麗で、ワインディングもあって、
超最高なのに

P1040935.jpg

P1040938.jpg

ライダーを殆ど見かけなかったな。

なんでだろう。

ここも今まで走った名道に劣らない、
最高のツーリングスポットだと思ったけどなぁ。

謎ですな(・・;)




11時30分、道の駅てんのうに到着。

男鹿半島一周、これにて完了~!


ついでにここで昼休憩しよう。

秋田といえば、秋田名物きりたんぽですね。

2日前にきりたんぽピザを食べたけど、
ちゃんとしたきりたんぽも食べておきたい。

道の駅に行けばあるだろーと思っていたら、

思いの外、無かった…。



ランチビュッフェをやってたので、
限界まで食べまくる事にしました。

P1040948.jpg

980円。

中に入ると、良い場所に電源があるではないか。

店員さんにコンセント使用許可をいただきました。

それでは遠慮なく充電させてもらおう…



タコ足をフル活用してな!(^ω^)

P1040949.jpg



食事の制限時間は1時間。

貧乏根性を発揮して、
貴重な栄養源を、
ここで取りまくるのだ。

単価の安い米は回避し、
ひたすら牛肉とか高そうなものを狙う。

何とも卑しい客である。

満腹感を味わってからが勝負だ。

まだお腹の中に入れられそうなものを物色し、
ねじ込む、ねじ込む。

さながらTVチャンピオンの大食い選手権終盤のような、
または冬眠前の熊のような、
そんな状態である。



一時間後…



うぐっ…は、腹がはち切れる…。

少食だけど、、スーパーのお惣菜1500円分
くらいは食べたはずだ。。

充電もお腹も満たせて、大満足です。

これで晩御飯も必要無いな(^ω^)



しかし、バイクに乗ろうとしたら腹を押されて吐きそうだった。。

アホや。。

仕方ないので、道の駅のベンチで、
これからの予定を考えながら休憩する。


道の駅に方言が書かれた看板があった。

P1040950.jpg

ベンチの近くに居たおばあさんの会話を聞いてたんだけど、
東北地方の方言は、本当に何を言っているのか、
ほとんど理解できない!

イントネーションも単語も、
もはや日本語に聞こえないのだw




13時、落ち着いてきたので、
次の目的地に向かってしゅっぱーつ。

目指すは青森県の名道、龍伯ライン。

距離は…ここから197kmって…(^q^)

IMG_2793.jpg


どひぇー。。
なんという距離だ。。

…よっしゃ、気合い入れて行くぞ!!


巨大ななまはげに別れてを告げて

P1040951.jpg

P1040952.jpg


海岸沿いのR101を走って、
青森県に突入。





途中、千畳敷に立ち寄りました。

P1040962.jpg

P1040972.jpg

P1040971.jpg


珍しい形の岩がたくさんあるなぁ(・∀・)

記念に一枚撮影。

P1040964.jpg

後姿が実に寂しい…
東尋坊でもこんな写真撮ってたなw




潮吹き岩とやらを発見。

このワレメからたまに潮が噴き出します(卑猥

P1040969.jpg


写真を撮ろうとして、
いくら待ってもなかなか潮が噴き出さなかったけど、


しばらく待って、きたっ!

P1040970.jpg

捉えたっ!

…ふーん、なんだこんなもんか(^ω^)


と思い、安心して近づいて動画を撮影していたら





ブワッシャアアアアアッ!!!






加○鷹も真っ青の、
想像を遥かに超える潮が噴き出して、
見事にぶっかけられました!!

華麗なステップで回避したけど、
それでも濡れてしまった(^O^)

潮が吹くタイミングも勢いも、
完全にランダムなので、
気を抜くと僕みたいにぶっかけられます。

おかげで面白い動画が撮れたけどw

この潮吹き岩含め、周辺の奇形岩は
1792年の地震で形成されたのだそうな。

千畳敷、なかなか見応えがありました。





ここからまたずーっと走り続けます…

青森県の海岸沿いの美しい景色を見ながら…

P1040954.jpg

P1040956.jpg

海岸沿いを走る電車も見て…

P1040959.jpg

P1040960.jpg


マップルナビに誘われて
わけのわからん山道に迷い込み…

P1040955.jpg



18時、道の駅こどまりに到着。

P1040975.jpg

P1040976.jpg


この道の駅、誰も居ません。

車が一台駐車しているけど、人の気配はなし。
というか、気付いたらもう居なくなってた。


逆にちょっと怖いな…(・・;)

とりあえず今日はここで野宿して、明日の朝、
龍伯ラインを走ります。




気付けば、北海道はもう目の前じゃないか!

明日一日は青森県を走って、
明後日はいよいよ北海道に上陸だ…!

ちなみに、ただ通過しただけの富山県、千葉県、茨城県、東京都も含めれば、
今日で北海道を除く46の地を走った事になります!

残すは北海道のみ!



ついに、

ついにここまで来たんだ…!


おっと、感傷に浸るのはまだ早いな。

まだまだ旅は続きます。




では、また明日( ´ ▽ ` )ノ


--------------------

走行距離303km

72日目 岩手~秋田

6/1 72日目。晴れ。


寒い。

岩手県宮古市、区界高原、
めっちゃ寒いっす!

P1040804.jpg


外で息を吐くと…
白~い!

現在地周辺の気温は10℃と表示されてるけど、
ここ道の駅、区界高原は山中なので
実際はもっと寒いのかもしれない。。

こんなに冷えると思ってなくて、
薄着のまま寝たおかげで、
夜中に何度も目が覚めました。

うーん、寝不足。。

今思い起こせば、
3,4月頃は5℃を下回るような環境で
よく毎日キャンプしてたなぁ…。

この身体の芯まで冷える感じ、
久々に味わったよ…。



懐かしい気分だ…(;・∀・)



寒さで目が覚めて
4時30分、起床。
身体が震えてとても出発する気にもなれない。
暇なので、最近ずーーっと日記の最後に走行距離を書いてなかった事を思い出し、
5/4の記事から今日に至るまで、
追記しておきました。



6時30分、気温にも慣れてきて、
ようやく道の駅を後にする。

まずは眠気覚ましにすぐ近くにある名道を走りに行こう、
というわけで、
7時頃、八戸川内大規模林道に到着。

この名道は絶景が見えるとか、
そういう所ではありません。

最近出来たばかりの新しい道路で、
交通量が少なく、コンディションが良い路面を
思いっきり走りたい人向けです。

全長は20kmくらいだったかな。
けっこう距離もあるので、たっぷり楽しめます( ´∀`)

感想は…

P1040805.jpg

P1040808.jpg

P1040807.jpg

P1040798.jpg

路面超綺麗!

早朝の森林浴気持ちいい!

以上ですw

すごく路面が綺麗なので、
安心して走れます。

ただし!

数カ所、落石がありました。

P1040809.jpg

こわー。。。

P1040810.jpg


他のライダーにも危ないので、
道の脇に退かしておきました。




一番やばかったのは、
自分の頭くらいの大きさはあるのではないか、という程の
巨大な落石があった所です。

そう、どんなに交通量が少なくて、
綺麗な路面で、
走りやすくても、
あくまでここは一般道。

何が転がっていてもおかしくない。


石が転がってたのが直線だったから良かったものの、
コーナーの途中であんなものを踏んだら、
確実に吹っ飛んで死ねます。

自分の命のためにも、自分の技量と相談しながら、ほどほどに楽しまないといけないね。。(^_^;)






八戸川内大規模林道を走り終えた後、龍泉洞へ向かいました。

P1040811.jpg

P1040812.jpg


龍泉洞は、三大鍾乳洞のうちの一つで、秋芳洞、龍河洞に続いて、これが最後だ!

日本一周で鍾乳洞に入るのも、多分これが最後だろう。

秋芳洞も龍河洞も、どれも素晴らしかった。

さぁ、三大鍾乳洞のラストを飾る龍泉洞がいかなるものか、
見せてもらおう(^O^)/




入口に入って早々、天井がめちゃくちゃ高い!

P1040814.jpg

ライトアップされた細い通路は、
天井の高さも相まって、幻想的。

P1040816.jpg

P1040818.jpg

P1040819.jpg

水が透き通ってて、すごく綺麗!(・∀・)

P1040823.jpg


P1040824.jpg

P1040828.jpg

P1040831.jpg



奥へ進むと、煌びやかな空間が…

P1040830.jpg


おおおおお!!!

P1040833.jpg

P1040834.jpg

P1040835.jpg

P1040837.jpg

P1040839.jpg

P1040838.jpg


ライトアップの気合いの入れようが半端ない!w

見事な鍾乳石が、美しく彩られているではないか。

こういう演出、
やりすぎって思う人も居るかもしれないけど
僕は大好きです!

P1040857.jpg

亀岩。
どう見てもチンk(ry





鍾乳洞最深部の地底湖に到着しました。

P1040849.jpg


初め見た時は、水面に天井が綺麗に反射してるなぁ、と思いながら見てたんです。

でも、上を見てもライトなんか無いし、この光景、何かがおかしい。

…これ、反射じゃありませんでした。

水深が98mあって、水が透き通り過ぎてて、水深40mまで目視できるとな?!

これには本当に驚きました!!

アナウンスによると、世界一の透明度だそうです。

透き通りすぎだろう…。
どうやったらこんな綺麗な水が生まれるの…?(・・;)

写真では絶対に伝わらないこの透明度。

P1040848.jpg

ただ洞窟を撮っただけのように見えますが、
これは水面の写真です。
奥深くまで見えるのが、おわかりいただけただろうか。

まじで素晴らしかった。


最後は三大鍾乳洞のラスボスとして待ち構えていた、
200段を超える階段を(;´Д`)ハァハァ言いながら登りました。

P1040851.jpg

P1040852.jpg

これにてっ


三大鍾乳洞、制覇です!!




全部見た感想。


三大鍾乳洞にハズレなし!!

どれも素晴らしかった。

どの鍾乳洞も特色があって

秋芳洞は鍾乳洞のスケール、
龍河洞は珍しい鍾乳石、
龍泉洞は地底湖、

って感じです。


この目で全て見れて、大満足でございます。

P1040859.jpg

P1040860.jpg

龍泉洞の外で、天然の湧き水が飲めます。
しっかり冷えてて、疲れた身体に染み渡る〜( ´∀`)

P1040861.jpg

龍泉新洞ってのもあるので入ってみたけど、
撮影禁止で写真はありません。
こっちは普通の鍾乳洞でした。





龍泉洞を10時30分頃に出て、
再び盛岡に向かいます。

ちょうど着く頃には昼時なので、
盛岡冷麺を食べるのだ(^ω^)

12時、食道園に到着。
またブログのコメントに勧められるがまま行きましたw

P1040862.jpg

店に行くと、既に行列かできている!

なんでこんなに混んでるのかと思ったら、

そうか、今日は土曜日だったっけw


この時、初めて今日は土曜日だと気付きました。
日本一周中に、完全に曜日感覚が失われましたw


順番待ちの名前を書いて、
15分くらい待って入店。

冷麺(850円)だけを注文すればいいものを…



P1040864.jpg


欲に負けてホルモン(750円)も注文してしまった(^q^)



だって、周りの客が美味しそうに肉を焼いてるんだもん…。

この匂いは卑怯だわ…。



冷麺を食す。

うっま!!

麺の食感が最高だ!

コシがあってツルツルだ。

スープの辛さは普通、二倍、四倍を選べるので、とりあえず普通にしましたが、
辛い物好きな自分には二倍でも良かったかもしれないな。

地元民の情報に間違いなし!!

ありがとうございました(・∀・)b



さてさて、次は岩手県と秋田県の県境にある名道、八幡平アスピーテラインだ。

今日はどんな絶景が見られるのか。



岩手山を見ながら、バイクで山を駆け上がる。

P1040866.jpg

P1040868.jpg

P1040871.jpg

P1040867.jpg

P1040872.jpg

雪解け水で滝が出来てるw

P1040883.jpg


次第に雪景色が見えるようになってきて…

P1040881.jpg

P1040886.jpg


いや…

P1040882.jpg

P1040885.jpg


いやいや…まてまて!?

P1040887.jpg

P1040890.jpg


雪多すぎだろ!!Σ(゚д゚)

6月でもこんなにも雪が残ってるのか!!


P1040889.jpg

東北地方、凄すぎる…。

P1040891.jpg

P1040894.jpg


これまでたくさん名道を走ってきて、
どれも素晴らしかったけど、
もう残りの名道は似たような光景しか見られないだろうとか思ってました。

しかし、東北地方は別世界だった。

この光景は、他では見られません。

時期が良かったというのもありますね




良い感じに雪が残ってて、太陽に照らされると眩しくて、
最高の景色でした。

P1040888.jpg

駐車場に行くと、スキーやスノーボードの板を担いだ人達も居るではないか。

これだけ雪が残ってるので、
まだ山スキーが出来るんですねぇ。

P1040892.jpg

雪を触ってみたら、完全にかき氷状態のアイスバーンだったので、
滑っても楽しくなさそうなんだけどな…(・・;)

あぁ、雪を見ていたらスノボやりたくなってきたー。





山を下ったのが15時くらい。

えー、今日は、ここまでです。

ここから先は、秋田県男鹿半島に向かって、

ずーーーーーーーーーーーーーーっと
走っただけです!

景色は良いけど
特にこれといったネタも無しw




強いて言うならば、

途中、睡眠不足で死ぬ程眠かった事くらいか。。

朝4時30分からずっと起きてたから
もう眠くて眠くて…

信号待ちで頭がカックンカックン…

舟漕いでました。

ダメだ、このままじゃ事故を起こす!




18時、男鹿半島手前の道の駅、おおがたにて
いつもより早めの野宿です。

最近走り過ぎでちょっと疲れたわぁ…(ー ー;)

P1040896.jpg

飯食って、テントに入って、ちょっとだけ寝よう…

横になって、すぐに夢の世界へ。



Zzzzzz.....



そして、目が覚めると6/2、朝4時なのであった…。

爆睡してしまった。


出発前にブログを書き終えて
今に至りました。

これから男鹿半島を走ってきまーす!



では、また今夜w

------------------
走行距離363km

71日目 秋田〜岩手

5/31 71日目。快晴。

6時30分、起床。

チュンチュン…

小鳥のさえずりが聞こえる…

テントの外は明るい…

この感じ…!

三日ぶりのッ!

P1040722.jpg


快晴だーッ!!

待ってました、太陽!!



真っ青な青空と、
久々の直射日光を浴びて、
朝からテンションMAXです!

7時30分、鳥海ブルーラインめがけて、早速出発だ!



僕たちの東北地方はこれからだ!!



5分後、鳥海ブルーライン入口に到着。

P1040723.jpg

うわぁ〜、楽しみだぁ( ´∀`)

晴れ渡る空の下、
鼻歌まじりにワインディングを楽しむ。

P1040725.jpg

P1040726.jpg

P1040727.jpg

P1040729.jpg

P1040728.jpg

P1040730.jpg

P1040731.jpg

P1040732.jpg

P1040733.jpg



あぁ…生きてるって素晴らしい…!

なんて楽しいんだ。

なんてこの国は美しいんだ。

スイスイーっと気持ちよく山を登って…




昨日までのパターンだと

ここで濃霧に見舞われて、

何も見えずに終わるのですが

しかし!

今日は違う!

ぜひ、じっくりと見ていただきたい。

鳥海山のこの絶景!!

P1040735.jpg

P1040736.jpg

P1040738.jpg

P1040742.jpg

P1040743.jpg

P1040745.jpg

P1040747.jpg

P1040749.jpg

P1040748.jpg

P1040751.jpg


これだ、これをまっていたのだ…。

久々の絶景に、胸が打ち震えた。

東北地方の本気を、
今日初めて見た。

磐梯山も、蔵王も、
晴れていればきっとこれくらい
素晴らしい景色が見えたのだろう。

絶対、いつか晴れの日に行ってやる。


この雄大な景色を眺めながら、
そう心に誓った。






鳥海ブルーラインを下って、
秋田県に突入。

すぐ近くに獅子ヶ鼻湿原とやらがあるので、
向かいました。

到着後、
案内図を見てみる。

P1040756.jpg


ふむふむ、この湿原は
奇形ブナ、マリモ、湧き水等が楽しめるのか(・∀・)

面白そうだ。

9時頃、散策開始。

P1040753.jpg

P1040754.jpg

P1040760.jpg

P1040759.jpg

P1040762.jpg


綺麗な森を歩き続ける。


そして、最初の奇形ブナが姿を現した。

P1040763.jpg

P1040765.jpg

燭台と名付けられている奇形ブナ。



何これ!?
なんでこんな向きに生えてんの?!

たしかに燭台っぽい形をしてますね〜。
おもしれ〜!

この先も奇形ブナに囲まれた森の中を進んで行く。

P1040769.jpg

P1040767.jpg

P1040770.jpg

P1040772.jpg

P1040779.jpg


今まで見たことの無い、幻想的な光景が広がり続ける。

そして、9時50分、あがりこ大王に到着!

P1040773.jpg

P1040776.jpg


すっげぇ!!
お化けみたいな奇形ブナがいるwwww

P1040777.jpg


思わず笑ってしまったw

今にも動いて歩き出しそうな雰囲気です。

遊歩道が設置されていて、360度好きな角度から見渡せるので

ぐるっと回ってみると、

P1040778.jpg

角度によって様々な姿を見せるのが、実に面白い。

看板によると、幹回りは7.62m。
奇形ブナとしては日本一の太さだそうだ。

いやー、面白いものが見れした。




あがりこ大王が見れたら帰ろうと思ってたけど…

この湿原、すごく気持ちがいい!

このままのんびりと、湿原を一周することにしました。

涼しい森の中をさらに歩き続ける。

P1040780.jpg

P1040782.jpg

ふぅー、前日の雨で荒んだ心が癒されるな。

P1040784.jpg

P1040786.jpg

P1040787.jpg

P1040789.jpg

P1040788.jpg

P1040795.jpg

P1040793.jpg

P1040794.jpg

昨日の雨のせいか、増水しすぎて、
溢れ出す煮汁の如く、
遊歩道に水が流れ込んでいる場所もありました。

P1040792.jpg

マリモが見えるらしいエリアに着いたので、
一生懸命、川の中を探してみたけど、
残念ながら見当たりませんでした(´・ω・`)



途中、湿原の中で仕事をしていた
おじいさんに声をかけられる。

おじいさん"裏の&¥@$バイク€£•£€¥&@?"

東北訛りで何言ってるのか、殆どわかんねぇww

かろうじて聞き取れる単語を頼りに会話しました。

なんでこの森のブナはこんなに奇形が多いのか聞いてみた。

要約すると、何百年も前から、
人が枝を切り落としてきたことによって、
変な方向に枝が伸びた結果、ああなるらしい。

人間と自然の力のコラボレーションで生まれた景観というわけですな。


岩手のタケさん、
ナイスな情報ありがとうごさおました!
獅子ヶ鼻湿原、すっごく良かったです!!

東北地方の大自然を満喫できました。





湿原からバイクで移動して、

11時30分、道の駅象潟で早めの昼食。

なんか秋田らしいメニューはないかな~。



おっ?(^ω^)

変わったメニューがあるじゃないか。


IMG_2791.jpg

きりたんぽピザ

IMG_2792.jpg

あげそば

きりたんぽピザは、
ピザの生地がきりたんぽで出来ています。
全く違和感のない、おいしいピザでした。

あげそばは、秋田県にかほ市の
小中学校の給食で生まれた
ご当地料理、だそうです。

さっそく食べてみたんですけど…

何これ、めっちゃうまいじゃないか!!


醤油ラーメンのスープに
野菜たっぷり入ってて、
その中にそばが入ってるって感じです。

美味しかった〜。





さて、次はどこへ行こうか。

昼食を取りながら色々と考えた結果…




1.秋田県の田沢湖高原にある乳頭温泉に入る

2.岩手県に入って名道、八戸川内大規模林道を走る

3.龍泉洞を見る

4.名道、八幡平アスピーテラインを通って再び秋田県に入る

5.秋田県男鹿半島に向かい、名道寒風山パノラマラインを走る




この順番で行く事に決定。



今の時間から考えると、
今日は1の温泉に行って、
夜に2周辺の道の駅で野宿、
明日以降に2~5を楽しむ、
って流れになるかな。

そうと決まれば、まずは温泉へレッツゴー( ´ ▽ ` )ノ


いやぁ、秋田県の景色は、
先ほどの湿原や鳥海山に限らず、
どこを走っても美しいですね。

P1040752.jpg

P1040797.jpg

P1040798.jpg



新潟、山形、福島も晴れていれば
もっと違った印象を受けただろうなぁ…(´・ω・`)


交通量も少ない国道46号を気持ちよく走っている途中、

緩やかなカーブを越えた先だった。

カメラみたいなもんを立てて待機してるおっさんが姿を現す。

測量士?
いや違うっ!
これはっ!!!(◎_◎;)

ネズミ捕りだあああッ!!


急ブレーキ!!!

カメラを通過した時に
スピードメーターを見ると62km/h

この道路の制限速度は50km/h


気になる判定は…


(^ω^)…


⊂(^ω^)⊃セフセフ!!


サイン会会場を無事、通過しました。

71日目にして、初めてネズミ捕りを見ました。

ご丁寧に白いバンの後ろにパトカーとサイン会会場が隠してあった。

暇か、こいつら。
税金の無駄遣いだな。

しかし、もうだめかと終わったわ。

たまたま前方に車が見えて、そこまでスピードも出してなかったから、本当に運が良かった。

ついさっきまでXXXkm/h出してたから、
運が悪かったら一発免停あるで…。

そんなことになったら日本一周は即終了だ。
今後も気をつけなければ(;・∀・)





15時30分、乳頭温泉郷に到着。

P1040800.jpg

P1040799.jpg


この温泉は、泉質が硫黄です!

硫黄の温泉、超大好き!( ´ ▽ ` )

子供の頃、アトピーに悩まされた時期があったんだけど、
岐阜のスキー場の硫黄温泉に二泊しただけで、
アトピーが綺麗に無くなったというエピソードがあるんです。

乾燥肌なんですけど、本当に硫黄は僕の肌に合いますw

結局、1時間30分もくつろいでしまった!

真っ白のお湯に、硫黄の香り…
たまりませんなぁ。

この匂いを嗅ぐと、温泉に入ったって実感がわきます。

時刻は16時30分。

盛岡市方面へ向かいながら、
恒例の野宿先探し、開始。

P1040801.jpg


走って走って19時、
道の駅区界高原に到着。

最近は野宿先への到着時刻が遅いため、
ご飯を作る気になれない(;´Д`)

今日もスーパーで買ったお惣菜を食べて、一日終了!

P1040803.jpg


今日は本当に楽しかった!!

なんで最近、
いまいち気分が乗らなかったのかなぁ
って考えたら…



そりゃあ、毎日雨の中走ってて楽しいわけないわな(;´∀`)




やっぱり、天気って大事です。

日本一周中、毎日晴れたらいいのにな。

まぁ、そんなに晴れたら水不足になっちゃうけどな。



日が落ちるのも3月の頃と比べると
ずいぶん遅くなったおかげで、
一日の活動時間が長い長い。

一日12時間以上動けます。

最近各地を回るペースが上がったのは、
日本一周の終了期限が決まっただけではなく、
こういう要因もあるのだと思います。


さぁ、明日も晴れだ。
東北地方、最高だ。
楽しみだ。

では、また明日!

----------------------------

走行距離283km

※すみません、編集していたらコメントが消えちゃいました。
後で復旧します。
プロフィール

Motty

Author:Motty
28歳、男
HN:Motty
愛車:ninja1000(2011年式、赤)
2013年2月退職予定
趣味:ゲーム、バイク

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
761位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
363位
アクセスランキングを見る>>
count
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
PV
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村