スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

84日目 北海道10日目 幸枝~紋別~大雪山~糠平~阿寒湖

6/13 84日目。曇り。

昨日はブログを書き終えた後、
夜20時に温泉を出発し野宿先探しをしました。

P1050975.jpg

外へ出ると霧で真っ白!
気温も下がって冷え込みました。

P1050973.jpg

途中、またセイコーマートでカップラーメンを食べていたら、
地元のおじさん達に声をかけられ、
この先のオホーツク海沿い道路にあるバス停を勧められる。

P1050976.jpg

あまりバス停は利用したくないんだけど、
とにかく霧がすごくて、
電光掲示板の気温も11℃と寒かったので、
テントを設営する気力も失われつつあった…。

暗闇のオホーツク海沿いの霧の中を走り続け…

P1050977.jpg

P1050978.jpg

またバス停かいっ!

P1050979.jpg

宗谷バス川北停留所。

周辺、農家が数件見えるだけで、
あとはなーんにもなし。

果たして需要はあるのか、このバス停…(・・;)

銀マット敷いて、寝袋にもぐって寝ようとしたら、
窓が開いてるじゃないか。


閉めようとしたら…


スカッ。

手が通り抜ける。

P1050980.jpg
※翌朝撮った写真

窓ガラスがない!!

筒抜けかよ( ;´Д`)
道理で寒いと思った。。

今更移動するのも面倒なので、
そのまま寝ました。



5時起床。
霧で辺りは真っ白だ。
今日からしばらく天気は下り坂。
残念だけど、最近天気が良すぎたもんね(;´Д`)

P1050982.jpg

P1050981.jpg


ツーリングマップルを見ながら一時間ほどルートを考案する。

このままオホーツク海を抜けるか、
内陸部へ向かい、大雪山を通ったあと、オホーツク海に戻るか。

考えた結果、大雪山ルートになりました。
今日はかなりの長距離移動になりそうだ。

今日はひたすら走る事を楽しもうと考えました。


まずはオホーツク海沿いに走る。

7時40分。
道の駅おこっぺに到着。
ここがくまさんが言ってた無料で宿泊できる列車かな?

P1050985.jpg

P1050984.jpg

中を覗いてると、1人宿泊客が居ました。
お邪魔したら悪いので、中には入らず、バイクへ戻って仕度していると…
そこに宿泊していた若者が駐車場まできて声をかけてくれました!

さっそく列車内まで案内してもらい、
中でくつろぎながら色々と話をしました( ´∀`)



この施設、
電源もあって、
綺麗なトイレも、
しかも布団までもついて…

P1050987.jpg

何ここ、最高じゃないか!?
これで無料で泊まれるんですか!

昨日無理してでもここまで来ておけばよかったなぁ。。


彼もバイクで日本一周中だった!
すぐ打ち解けて仲良くなったので、
一緒に記念撮影(・∀・)b

P1050988.jpg

名前は兼子さん。23歳。

北海道には、なんと三ヶ月滞在するらしい。
北海道を隅から隅まで満喫する気だw

めっちゃ意気投合して、情報交換しまくりました!

0円マップを見せてもらったけど、
なにこれ、すごい…。

まさに0円で旅をしたい人向けの情報誌だった。

僕も本屋で探したけど、
なかなか手に入りません。
彼も残り2冊残っていたのを発見し、
購入したそうです。

P1050986.jpg

0円マップを参考に、
無料の温泉などをツーリングマップルにも
プロットしまくる。

彼は0円マップ以外にも、北海道に関する情報誌を大量に持っていました。
情報量が半端ではない!!

楽しかったぁ( ´ ▽ ` )ノ
携帯番号を交換して、
また会う約束をしました。



紋別周辺のすき家で軽く朝食を取ったあと、

P1050992.jpg

道の駅紋別オホーツクで休憩。

P1050995.jpg

P1050993.jpg

P1050994.jpg

1~2月頃にここに行けば、
ガリンコ号に乗って流氷を見る事が出来るんですね。
見てみたいけど、バイクじゃ行けないな〜(ー ー;)

次は国道273号をひたすら進み、
大雪山方面へ向かう。

この頃から霧はなくなり、
一気に快晴へ!
気温もぐんぐん上昇。
服を一枚脱がないと汗だくです。

そして、国道273号の光景と、ninja1000。

P1050996.jpg

P1060002.jpg

P1060003.jpg


もはや珍しく無くなって来た
ひたすら真っ直ぐ伸びる道路。

P1050999.jpg

P1050997.jpg


アップダウンもあって、
最高の景色です!

P1060005.jpg

P1060008.jpg

P1060009.jpg



放牧されている馬がたくさん居ました!

P1060014.jpg

かわええのう、かわええのう。

P1060011.jpg

馬「ムシャムシャ…んっ?」

P1060013.jpg

馬「貴様ッ!見ているな!?」


層雲峡周辺の景色。

P1060018.jpg

P1060017.jpg


雪解水によって、川が轟々と流れています。

層雲峡の流星の滝。

P1060020.jpg

P1060019.jpg

P1060021.jpg

大雪湖。

P1060023.jpg


山頂から大雪山を見渡せるという、黒岳ロープウェイに到着。

料金を見ると…往復1800円+山頂までのリフト料金600円。
高すぎだろw

ロープウェイから降りてきたおじいちゃんが居たので、
感想を聞いてみる。

"まぁまぁいい景色だよ"

まぁまぁ、か…。
大雪山の景色は見てみたったけど、
今回はパスでいいや…(´・ω・`)




この後、三国峠、糠平国道、ナイタイ高原牧場方面に向かいました。
さぁ、ガンガン走るぞー(`・ω・´)


しかし、三国峠に到着した辺りで、
暑さによってバテバテ状態に。

だる〜い、休憩しよう…(;´∀`)

三国峠PAのレストランで
カツカレーを注文する。

P1060024.jpg

モリモリ食べていると、
ライダースーツを身に纏った
男女が入店してきた。

表に停めてるバイク、お兄さんのやつ?
と、話かけてくれてました。

北海道に入ってから日本一周プレートを装備しているので、
めちゃくちゃ注目されますw

お二人は地元のライダーでした。
地元ならではの話をたくさん聞けました(・∀・)b

記念に撮影しようよ〜ってなって、
僕も撮らさせていただきました。

P1060025.jpg

愛車は何ですか?って聞くと、
自転車って言うから、何なんだろなぁと思ったら…

これはッ!ZZR1400じゃないすか!

P1060026.jpg

6眼かっけぇ〜(;゚∀゚)=3ハァハァ
自転車からもっともほど遠い存在だろ、このバイクw

P1060027.jpg

P1060028.jpg

いってらっしゃーい( ´Д`)ノ



さて、ご飯を食べていい出会いもあって、
元気になった所で、
三国峠を走ろう。

三国峠PAからの樹海の景色。

P1060030.jpg

P1060029.jpg

これまた素晴らしい光景でした。

P1060036.jpg



この先には、樹海の上の高架橋が待ち受けています。

P1060035.jpg

P1060034.jpg

P1060033.jpg

まるで空を走っているような感覚を味わえます。



糠平国道、ナイタイ高原が近づいてきたあたりから、
一気に天気は悪くなりました…。
気温もまたぐーんっと下がる。
そして、身体が震える。

北海道の気温変動はこんなのばっかりだw

曇り空で、ほとんど景色は楽しめず(´・ω・`)
写真も動画もあまり撮っていません。

P1060039.jpg




16時頃、阿寒湖周辺のアイヌコタンに到着。

P1060040.jpg

アイヌ民族の伝統工芸、住居などが見れます。
夜になると、伝統舞踊も見れるらしい!

P1060041.jpg

P1060042.jpg

P1060043.jpg

P1060044.jpg

到着すると、怪しげな洗脳ミュージックみたいなのが
流れていますw
アイヌの伝統楽器の音楽なのかな。

P1060050.jpg

P1060051.jpg

P1060049.jpg

P1060048.jpg



アイヌコタン周辺にある阿寒湖は木々に覆われていて、
どこから見たらいいのかよくわかりませんでした。。





この後は、朝知り合った兼子さんに教えてもらった
無料温泉、コタン温泉に行く予定だったのですが…

コタン温泉方面に向かおうとすると一気に天気は崩れ
小雨が降り出す。

この先の雲は真っ暗で厚く覆われていたので、
雨に当たるのは間違い無し。
温泉は諦めました。。

P1060053.jpg


薄暗い雲霞む夕焼けの中を走って

P1060054.jpg



18時頃、今日の最終目的地、道の駅あいおいに到着です。

P1060058.jpg

ここにも列車があって、
無料で宿泊できます!

P1060056.jpg

P1060055.jpg



電源あり、布団あり。
これだけ設備が整って、無料。

さすがライダーの聖地。
ライダーが気軽に泊まれる施設がたくさんある。




ちょうど到着した頃、兼子さんからメッセージが届く。

"今どこに居ますか?"

道の駅あいおいに到着した事を伝えたら…




夜も更けて真っ暗の21時、遊びに来てくれた!(゚∀゚)

P1060059.jpg

超嬉しい!

布団敷いて、ずっとワイワイ話しして、
修学旅行みたいな気分でしたw

兼子さんはコタン温泉に行って来たそうです!
雨が降ってたんじゃないかと聞いたら、
そっと写真を見せてくれた。

それがこの写真。

DSC_0873.jpg

DSC_0876.jpg

DSC_0879.jpg

DSC_0884.jpg

DSC_0880.jpg


超晴れてるじゃねええええかあああああorz===3

マジで行かなかった事を後悔した。

なんだこの景色。
こんな夕焼けを見ながら、温泉に入りたかった…。

しかし、ここに来るまでの峠道は、
やはり雨が降っていたそうだ。
そんな中、よくここまで来てくださいましたw



楽しい一日でした。
明日はこの施設で、昼までゆっくりしたいと思います。

ではでは、また明日(´∀`)ノ

83日目 北海道9日目 0612_利尻島~稚内~枝幸

6/12 83日目。快晴。

5時起床。

P1050869.jpg

バス停にあった椅子を並べて寝床を作って寝ました。
案外、よく眠れました。
バスの始発便が7時30分頃に来るので、
ゆっくり今日の予定を考えていました。



しかし、6時30分頃、恐れていた事態が…



猛烈な便意に襲われる。



ウ○コしてぇ!

トイレがねぇ!


学生が校門に向かうために朝仕度を始める頃、
僕は水戸黄門の人生楽ありゃ苦もあるさを
脳内ソングとして流しながら、
必死にケツ筋に力を入れて、
肛門のアビスゲートを閉じていた。
まさに拷問のような時間だった。


と、とりあえずフェリー乗り場へ向かおう…


と思ったけど、今にも地獄の門は開かれ、
サタンは産声をあげようとしていた。

む、無理だ!


近くにあった老人保健施設、秀峰園に駆け込む。

死にそうな顔をしながら、
すみません、トイレをお借りしてもよろしいでしょうか!?
と頼む。

快く承諾してくれました。
というか、断られても無理矢理にでも行くしかなかった。
さもないと、大惨事になってしまう。

九死に一生。
このご恩は忘れるまで忘れません。
老後はこの施設に入る事にしよう。

朝便派の自分には、やはりバス停は、危険だわ( ;´Д`)
トイレ的な意味で。




7時頃、バス停を出発。

朝から小舟が漁をしています。
地元の人々の暮らしをゆっくり眺めるのも、
バイク旅の醍醐味かもしれません。

P1050871.jpg

何を捕ってるんだろう?
道路にウニの殻が転がってたから、ウニかな?
つーか、ウニの殻なんか踏んだら、
またタイヤがパンクするかもしれないな…w


しかし、利尻島はあまり観光する事ができなかった…(´・ω・`)
ツーリングマップルに掲載されていた場所を
全て回ったわけじゃないし、
それ以外にも、いい場所はあったのかもしれない。
利尻島はちょっと消化不良なまま、
去る事になりました。

7時30分、フェリーターミナルに到着。



出航の8時45分まで待機です。



出航前にバイクに近づくと…

またカラスに襲撃されている!!

P1050872.jpg

昨日のゴミ袋を捨てる場所が無かったので、
バイクに括り付けておいたんです。
以前このやり方でカラスに襲撃されたので、
今回はゴアテックスジャケットの下に見えないように
隠しておいたのですが、
それでもカラスに発見されました。

P1050873.jpg

見えないようにしてもダメなのか…

カラスが触れた部分はメチャクチャ臭いです。
危ない病原菌が付着してそうで怖いわ(;´Д`)


フェリーが到着しました。
利尻島、礼文島は平日とはいえ
年配の観光客がめちゃくちゃ多い!

P1050874.jpg

利尻島は2012年冬に公開された映画"冬のカナリアたち"の
ロケ地となっているため、
その影響かもしれないです。

フェリーの2等席はあっというまに満席になります。

バイクで乗船し…

P1050876.jpg

ダッシュで2等席へ!
電源を確保するためです。

なんとか電源付近の場所を確保できました。




客室内で、デジタル家電の充電を開始する。
と、隣に居た超ダンディなおじさんに声をかけられる。

詳しくは割愛しますが、このおじさん、
色々とすごい人でした。

超珍しいキャンピングカーで北海道を旅行していて、
写真も見せて貰いました。

面白かったので、下船後、見に行く事に( ´∀`)

10時頃、稚内に到着しました。




こちらがそのキャンピングカーです。

P1050878.jpg

友人がCROCO ART FACTORYという会社を経営しており、
そこで生み出されたのが、このルーメットという牽引車です。

普通、牽引車を使用すると牽引免許が必要なのですが、
これには必要ありません。

法律上、車両重量が750kgを超えると牽引車
という線引きがあるのですが、
このルーメットは750kgを下回っているため、
牽引車扱いではないのです。
つまり、車を持っていれば、誰でも利用可能です。

P1050885.jpg

P1050886.jpg

手頃な価格で、キャンピングカーほど費用もかかりません。
メリットを語ると長くなるので、
ご興味がある方、詳細はHPをご覧くださいw

いつか車で旅をする事があったら、
こういうものを使うと楽しそうですね!




渋くて超ダンディなおじさんでした。

P1050888.jpg

楽しい船旅の時間をありがとう!





実は、乗船中にもう一つドラマがありました。




おじいちゃんが誤ってタコ足を破壊w

P1050891.jpg

デジカメの充電器を破壊されたら
かなり困ったけど
タコ足で良かった。

おじいちゃん、超謝る。
サイフを取り出して弁償代を払うと言い出した。

いやいや、そんなに謝らなくて良いですってw
まぁ俺が逆の立場だったら
同じくらいテンパる自信あるけど(^_^;)

タコ足なんて100均で買えるから大丈夫ですよ。



そういえばフェリー客室内で充電って、
盗電になるのかしら??
客室にいっぱいコンセントがあるから、
自由に使っていいよな?(・・;)
後で調べておこう。




お腹が減ったので、早めの昼食に。

P1050892.jpg

…って、またマクドナルドかよ!!!

すみません、ジャンクフード中毒者で…。

しかもジャンクフードの王様、
メガポテトを注文する始末。

P1050889.jpg

メガポテトは一人で食べるもんじゃないわ。
ビックマックがオマケで、
ポテトがメインみたいになる。
かなりキツかった…w



さぁ、それでは…宗谷岬へ行こう!


宗谷岬に向かう途中、名道、宗谷丘陵を通ります。

入口前から絶景の予感がしていた。

そして、丘陵へ…


あぁ…とんでもねぇ景色だ。。

P1050910.jpg

P1050915.jpg

小高い丘が延々と続く。
それも、360度、見渡す限り。
故にこの光景は、
写真じゃ伝わらないかもしれない。

P1050905.jpg

P1050909.jpg

宗谷岬ウィンドファームが見えます。
日本最大の58基のプロペラが広がり続ける。

P1050914.jpg



宗谷丘陵の絶景に感動した後…




あの場所はもう目の前だ。




ついに、到着する。


4/28、日本一周38日目に最南端の
沖縄波照間島に到着してから、
43日後の今日、6/12。



日本最北端。




宗谷岬。

P1050895.jpg




ダメだ。

泣きそう。



目の前に広がるのは、何て事は無い、
よくある海の光景。

P1050894.jpg

なのに、なぜこうも心を揺さぶられるのか。

これまでの旅路に想いを馳せる。

長かった。
本当に長かった。

辛い事もあったけど、
それも含めて、
全て人生最高の思い出だ。

僕はこの日、民間人が到達可能な、
日本最北端の地に、
確かにその足跡を残した。




日本一周













いやいや、ここで終わりじゃないです(;・∀・)
まだ北海道の魅力の半分も楽しんでねぇ!

めちゃくちゃ感傷に浸ってしまいました。
予想はしてたけど、そういう気分になってしまいますね。

ずーっと海の眺めを見て…。

さざ波に耳を傾ける。

今までに味わった事のない、不思議な気分でした。

この想いを、一生忘れずに大切にしたい。





感傷に浸りすぎて、
なんだか最北端の地で
イェーイ!
みたいな気分にはなれませんでしたw

静かに一人で撮影です。

P1050898.jpg

P1050899.jpg

ちなみに今回はちゃんと社会の窓は閉めてますw
最南端、最北端をチャック全快で踏破ってのも
面白いかとは思ったけど、
わざわざチャック開けて写真撮るのは、何か違うわ(;^ω^)



宗谷岬で声をかけてくれたお兄さん。

P1050904.jpg

彼も車で日本一周中でした。

すごい改造車ですw

P1050921.jpg

色んなスタイルの旅人がいるなぁ。





さぁ、それでは道東へ向かおう。


途中、エサヌカ線を通ります。

雑誌でもよく見るような、THE・北海道的な、
地平線まで見える真っ直ぐの道路の、あそこです。



この道路は旅を始める前から
絶対に行きたいと思っていました。



さぁ、絶景に感動する心の準備はできたか。

エサヌカ線に入って…




なっ…?!

P1050931.jpg

P1050932.jpg

P1050933.jpg


なんじゃこりゃああああああああ!!!!


P1050942.jpg

P1050947.jpg

地平線まで見えるというのは、本当だった…。

P1050951.jpg

P1050950.jpg

P1050953.jpg

この光景は、日本ではない、別の世界だ…。

地平線に向かって走ってみると、
どこまでも同じ光景が続く。

もうわけがわからないよ。。。(;´∀`)


P1050954.jpg

ninja1000も最高に格好良く映える。

横を見ると、遠くに野生の鹿の群れも居る。

すごすぎる。

P1050934.jpg

P1050937.jpg


写真を撮影していたら、
通りがかった地元の車が停まって、
おじさんが僕へ一言。

"4月くらいに来たら、100頭くらい居るよ。"


な、なんだと…。





さらに、近くには牧場が。

バイクを停車すると…

お前らwwwww
なんでこんなに集まってくるのwwwww

P1050956.jpg

P1050957.jpg

P1050958.jpg

バイクのエンジン音に過剰に反応して集まってくるんです。
そんなにninja1000のエンジン音が好きか。

試しに遠くにいる牛にも聞こえるように
迷惑にならない程度に、
一回だけ吹かしてみたら…




遠くにいる牛もこっちを振り返って、
こっちに向かってくる。

P1050962.jpg

P1050968.jpg

P1050966.jpg

P1050967.jpg



まさかの全員大集合wwwwww

本当に一匹残らず目の前まで来ました。

これには爆笑してしまいました。


皆、僕に大注目です。

P1050959.jpg

P1050961.jpg

やはり僕はモテ期のようだ。




その後はクッチャロ湖へ。

P1050969.jpg

P1050970.jpg

P1050972.jpg

クッチャロ湖を展望できる、クローバーの丘を探したけど、
見つからなかった…(´・ω・`)


2日前から風呂に入っていなかったので、
北海道情報誌HOを使って、無料で温泉に入浴しました。

枝幸町にある、ホテルニュー幸林。

入浴後、休憩室でブログを書いて、今に至ります。

ここから先の海沿いはしばらく見所がないので、
今から夜のうちに走り抜けて、
どこかで野宿先を探します。

今日は色々ありすぎて、
書きたい事が多すぎて、
雑多な内容になっちゃったな…(;´∀`)

では、また明日( ´Д`)ノ

82日目 北海道8日目 稚内~礼文島~利尻島

6/11 82日目。快晴。

昨日はマクドナルド店内でブログを書き終えた後、
日本最北のドナルドと、くまさんと一緒に記念撮影しました。

ドナルドの肩に手を回し…



3人まとめてやらないか?

P1050734.jpg

カメラをセットし、ベンチに座っては
ヘブン状態になる男達は、
はたから見れば完全な不審者でした。
(ドナルド含む)

この旅で、羞恥心なるものは
どこかに飛んで、
消えてしまったのかもしれない。

マクドナルドのジャンクフードに満たされた胃袋をさっぱりさせるため、
近くの回転寿司で夕食にしました。

俺はさすが北海道、
なかなか美味しいと思ったけど、
くまさんに言わせると、
"普通"だそうですw

その後、稚内森林公園へ移動、
夜21時の山道は真っ暗でくそ怖かった。
だけど、2人だと心強いです。

P1050735.jpg

到着すると、けっこうキャンプ客がいました。
暗闇の中お邪魔して、テントを設営、
就寝しました。




翌朝…




4時30分起床。

P1050736.jpg

P1050737.jpg


んんー良い天気だ!
気持ちいい!

今日の予定は、礼文島、利尻島に
行くという事だけしか考えていなかったので、
朝からフェリーの時間を調べてみると、
6時50分出港の便があるΣ(゚д゚)

クマさん、ごめん!
昨日の夜は、

朝7時くらいに起きて
マッタリしましょ~

なんて話してたけど、
早朝から出発するわ( ;´Д`)

5時20分くらい、無理矢理クマさんを起こすw
迷惑なヤツである。

P1050738.jpg

テントを撤収して、恒例の記念撮影!


WRYYYYYY!!

P1050742.jpg

俺は仕事を辞めたぞ、ジョジョー!!



クマさんはこれから苫前へ向かい、
旭川、美瑛、富良野方面に向かいます。

これで別れの握手するのは三度目だ。
この旅では最後になるだろう。

くまさん、出会えてマジで良かったよ。
お互い、無事日本一周をゴールしよう!

そして次は…例の場所で会おう!




さて、僕は稚内フェリーターミナルへ向かう。

6時10分、乗船手続きを終えて…

P1050743.jpg

まずは礼文島へ向けて、出航!

P1050746.jpg

このフェリーは今まで乗った中でも、
一番綺麗でした。

P1050745.jpg

P1050744.jpg



9時40分、礼文島に上陸!

P1050749.jpg

フェリーターミナルからは、
うっすらと利尻山が見えます。

P1050752.jpg



島の大きさとしては、全長30km程度です。

走るだけなら一時間もあれば島内を走り切れます。
観光しながらでも、
半日もあれば余裕で回れるだろうと思い、
午後のフェリーで礼文島を出て、
利尻島へ行く計画としました。

まずは礼文最北端の岬、スコトン岬へ向かう。

初めは町の光景がしばらく続きます。
なんだこんなもんか、と思いながら走る。

しかし、町を抜けると…




P1050753.jpg

おお

P1050755.jpg

おおおおっ!!!

P1050756.jpg

P1050761.jpg

P1050759.jpg


予想外の、壮大な景色!
※しかし、この時の光景はまだ序の口でした。

スコトン岬の前に、金田ノ岬に到着。

P1050763.jpg

ぱっと見は普通の海岸です。

P1050762.jpg

なーんだ、大した景色じゃないな…。
しかし、変な形の岩が見えるなぁ。

P1050766.jpg


と思いながら写真を撮ってました。

ん…?

なんか鳴き声が聞こえるぞ…?

目を凝らしてよく見てみる。


Σ(゚д゚)!?

なんか…岩だと思っていた物体が、
少しだけモゾモゾ動いてる…!

P1050767.jpg

これ…アザラシじゃん!!

なんと、アザラシの群れが居ました!

P1050768.jpg

望遠レンズに切り替えて、150倍ズームで覗き込んでみる。

P1050770.jpg

P1050771.jpg

ダメだ、このカメラではこの程度が限界だ( ;´Д`)



本当にアザラシと気がつくのにしばらく時間がかかりましたw
危うく気づかないまま出発しそうだった。
アザラシの群れが見える岬なんて、
初めて見た!



スコトン岬へ向かう。

うひょーっ!!
この付近の海も青くて超綺麗だ!!

P1050774.jpg

P1050773.jpg

P1050772.jpg




そして、スコトン岬に到着。

P1050789.jpg

展望台まで階段を進む。

P1050787.jpg

展望台からの景色。

P1050788.jpg

P1050786.jpg

P1050784.jpg

P1050783.jpg

P1050782.jpg



ここもアザラシを見る事ができます!

P1050781.jpg


遠いけど、たくさん居るのがわかる!

すごい、すごいぞ礼文島。


150倍ズームでも…
遠いのではっきり撮ることは出来ないな(´・ω・`)
肉眼ではけっこう良く見えるんだけどなぁ。。




お次は、澄海(すかい)岬。

P1050802.jpg

礼文島では岬ばっかりになりますが…w

澄み渡る海の光景から、この名前がつけられた、
って近くにいたガイドさんが言ってましたw

確かに、なかなかの青さです!

P1050798.jpg

P1050797.jpg

P1050801.jpg

P1050796.jpg


澄海岬の澄み渡るその青さは、
まるでSKY(スカイ)のようだった。




…(;^ω^)




ちなみに澄海岬周辺の道ですが

P1050806.jpg

P1050807.jpg

超絶景です。
半端ないです。

P1050805.jpg

P1050808.jpg

長野県の名道、ビーナスラインで見た
光景に似ています。

しかも、これに加えて、
リアス式海岸とかも見えちゃったりする。
本当に感激しました。






お腹が減っていたので、
ツーリングマップルで紹介されていた
食事処へ向かいました。

場所はフェリーターミナル付近。
名前は海鮮処 かふか。

P1050816.jpg

この店の名物、ほっけのチャンチャン焼き定食を注文。

目の前で、ほっけの開きに
みそ、ネギを乗せて、
炭火で焼いてくれます。

P1050811.jpg

P1050812.jpg

焼き上がるまでのなんと美味そうな事か。

待て、をさせられる犬の気分がわかりましたw

焼けてきたら大将がヘラで身をすくって、
小皿の上に乗せてくれます。

P1050814.jpg

P1050813.jpg


へい、お待ち!
どん!



くっそうめぇ!!!

ほっけの皮も焼き上がったら、
お皿に移してくれます。

P1050815.jpg

皮もパリパリでうまい!!



2009年に小泉元首相も来店していたのですね。
最高のほっけを食べる事ができました。


その後、礼文島の最後の目的地、
桃岩猫台に向かいました。

P1050829.jpg

ここの景色は半端なかった。

P1050832.jpg

P1050819.jpg

P1050818.jpg

壮大で、神々しい。

P1050820.jpg

P1050817.jpg

ロードオブザリングとか、
もうそういう世界です。

P1050822.jpg

P1050823.jpg

P1050826.jpg

P1050825.jpg


下の写真をご覧いただきたい。
やや左下あたりに、白くて四角い物体が見えるのが
わかりますでしょうか。

P1050827.jpg

これ、大型トラックです。
この景色の壮大さが、伝わるかと思います。



礼文島って、
そんなに大きい島じゃないはずなんだけど、
どの場所に行っても、
景色のスケールが半端なくでかいです。

正直、行く前は小さい離島だから
そんなに見所は無いと思って、
ナメてました…w

礼文島、すごく良かったです。



午後に利尻島行きのフェリーがあるのですが、
間に合いそうになかったら今日は礼文島で
キャンプしようと考えていました。
が、予定通りフェリーに間に合いそうだったので、
そのまま利尻島に行っちゃう事にしました!

さらば、礼文島。

P1050833.jpg

P1050834.jpg

短い時間だったけど、
全ての景色がこの目に焼きつきました。


40分ほどの船旅の後、


14時頃、利尻島に到着です!

P1050837.jpg

フェリーターミナルからは、
さらに間近に利尻山が見える。

P1050838.jpg

P1050839.jpg




さて、完全なノープランなので、
ツーリングマップルの情報だけを頼りに、
反時計回りに移動開始。

P1050841.jpg

P1050842.jpg


やたらウミネコが多いなw

P1050843.jpg

P1050845.jpg

下の写真に写っている白い物体は、全部ウミネコです。

P1050847.jpg

鳴き声が超うるせぇw

写真を撮っていたら付近にウミネコの糞爆撃が降ってきたので、
さっさと去りました…(^^;)



山道をバイクで登って、到着しました。
見返台公園展望台。

P1050848.jpg

駐車場から展望台まで徒歩10分。
けっこう険しい道です。

P1050850.jpg

ハァハァ言いながら、展望台に着いたけど、

P1050857.jpg

P1050856.jpg

P1050855.jpg

P1050851.jpg

P1050853.jpg

P1050852.jpg

悪くはないんだけど、
苦労の割には大した景色では無かった…w



次はツーリングマップルに
アザラシが居ると書いてあった、
仙法志御崎公園に到着。

P1050859.jpg

P1050860.jpg

さぁ、アザラシちゃんはどこだ~。
あの愛くるしい鳴き声を聞かせてくれ~。

P1050861.jpg

…(;^ω^)



アザラシ、どこにも居らず…。



あとはこれといって目立った観光地もなし。。

ここ利尻島は、はっきり言って、
観光名所は皆無と言っていいです。

じゃあ何があるのかというと、
利尻山です。

礼文島から見ても、稚内から見ても、
遠くから圧倒的な存在感を示す利尻山。

百名山にも選ばれているので、
利尻島は利尻山に登って、
頂上からの景色を見てなんぼなんだと思います。

バイクで島を観光しながら一周…
みたいな人には物足りないかなぁ。

もちろん登山は…やりませんw
利尻山登山は往復8時間はかかるらしい。
かなりしんどいです。
雪も残ってるし、明らかに初心者お断りな外観をしているので、
調べなくとも、
登山装備無しで登るのなんて、
無理に決まってる(^ω^)



時刻は17時。
フェリーの最終便には間に合わなさそうだし、
せっかく離島に来たから一泊くらいはしていこう!
というわけで無料のキャンプ場、
沼浦キャンプ場に向かう。

しかし!

まさかのキャンプ場閉鎖中!!

トイレも炊事場も全部閉鎖されていた…
しかも携帯の電波無いし…。

他に有料のキャンプ場もあるけど、
地図を見るとすごく山奥にあるので、
絶対に電波は無いだろうと悟りました。

どうするか…さすかに離島に
道の駅なんてないし、
困ったなぁ…。
宿泊施設を使うかなぁ。

とりあえず走っていたら、

おっ?これはっ!

急ブレーキして停車。

P1050865.jpg

P1050866.jpg

P1050867.jpg

というわけで、
またバス停に泊まる事になりましたw



このバス停、木の香りがして良い雰囲気です。
ただ、難点を挙げるなら…

天井付近に謎の穴があって、虫が入りたい放題な所かな。。

P1050868.jpg

なぜそこに穴を開けたッ!

昨日の記事でイレギュラーな事態にならないとバス停は使わないと言って、
早速イレギュラーな事態に遭遇したのでしたとさ。。

近くにトイレが無いけど、ウ○コをしたくなったらどうするかなぁ( ;´Д`)
バイクで10分の距離にセイコーマートがあるから、
そこでトイレを借りるか…。

明日は早朝のフェリーて稚内に戻り、
日本最北端、宗谷岬を目指します。

では、また明日。

81日目 北海道7日目 苫前~サロベツ湿原〜稚内

6/10 81日目。曇り。

昨日の日記に道の駅風Wとままえで
テントを張って…と書きましたが、
実はあの時点ではまだ温泉の
休憩室の中でした。

ブログを書き終えて、晩ご飯買って、
テントを設営する予定だったんだけど、
ほんの少しだけ小雨が降ってきた。。

雨の中テント設営するの嫌だなぁ、
なんて思いながら、21時頃、
コンビニ前でカップラーメンをすする。

コンビニから出できたおじいさんが話しかけてきた。

"兄ちゃん、野宿か。
雨降ってきたし、目の前のバス停で泊まっていけ。
もうバスの最終便も終わったし、
中から鍵もかけられるぞ。"

僕もコンビニ前でご飯食べながら、
今日はそこにするかなぁなんて考えてました。

P1050656.jpg

鍵をかけられるなら、安心だな。

というわけで、バス停へ移動…
するも、室内は公衆トイレのような猛烈なアンモニア臭!
絶対ここでは寝れない。

反対車線にももう一つバス停があったので行ってみると、
そっちはちょっと臭い気がするけどまだマシでした。

22時、バス停にて就寝。




5時30分起床。

P1050659.jpg

P1050657.jpg

P1050658.jpg


寝れたけど、ベンチが狭すぎるわ( ;´Д`)
寝返りを打てないので、かなり体制が辛い。
朝起きたら少し肩が凝ってるし。。

今までバス停は何回かやろうと思ったけど、

・防犯対策
・早朝に移動しないといけない
・ベンチが狭くて、ゆっくり寝れない
・近くにトイレが無い場合が多い
・周辺に安心して大型バイクを停められそうな場所がない

などなど…
道の駅と比較するとあまりにもデメリットが多いんだよなぁ。
寝る分には全然構わんのだが。

メリットは

・屋根がある
・テント設営の手間がかからない

くらいだけど、
テント設営は慣れてしまえば
10分もあれば余裕で終わるので、
大して恩恵は感じられない。

道の駅なんて探せば日本全国いくらでもあるので、
あえてこの手の場所に泊まる理由がないです。

突然の雨の日にはいいかもね。

今回はイレギュラーで仕方なく泊まったけど、
やっぱり野宿最強は道の駅です(^ω^)



7時出発。


日本最北の地、稚内を目指して走り出す。


海岸沿いに、見事に一列に並ぶプロペラが見え始める。

P1050666.jpg

P1050668.jpg

名前はオトンルイ風力発電所。
全部で28基ものプロペラが立ち並ぶ。

曇ってて少し残念な景色だな(´・ω・`)


さらに進むと、今度は地平線まで見えそうな
広大な草原が見え始める!

サロベツ原野に到着しました。

P1050670.jpg

P1050673.jpg

P1050674.jpg

ササが生えているエリアと、
湿原本来の草原と草花が広がるエリアの境界線が
見事にくっきり分かれています。

P1050701.jpg


サロベツ湿原センターに到着。

P1050700.jpg


入館無料です(・∀・)

ここでサロベツ湿原について、
詳しく知る事ができます。

ふむふむ

P1050680.jpg

なるほど

P1050682.jpg

なるほど

P1050683.jpg

なるほどねー

P1050685.jpg

P1050684.jpg





サロベツ湿原の遊歩道を歩いて、写真を撮ってみる。

P1050701.jpg

P1050688.jpg

P1050689.jpg

P1050690.jpg

P1050694.jpg

今の時期はまだそんなに綺麗な草花は無いなぁ。。
7月頃が見頃なのかもしれません。

それでも、広大な景色には、感動するね( ´∀`)





サロベツ湿原を一望できるという、
宮の台展望台に移動し、景色を眺める。

P1050703.jpg

うーん…(;^ω^)

P1050704.jpg

そこそこいい景色だけど…

P1050706.jpg

P1050707.jpg


ダメだ!
曇ってるといまいち気分が盛り上がらない!

次行こ、次。


ここから先はいよいよ稚内周辺となります。

この辺りから、"日本最北の◯◯"
がやたら登場し始めますw

まずは抜海駅。

P1050715.jpg

最北の"無人駅"。

P1050713.jpg

P1050716.jpg


電車は一日、上り下りそれぞれ五本のみ!

偶然にも列車到着まであと5分程度でした(・∀・)b

電車が来て、写真を激写!

P1050712.jpg

P1050711.jpg

いいね〜、最北ってだけで風情があるね。

抜海ノートなるものが置いてあった。

P1050717.jpg

P1050718.jpg

旅をしてきた人たちのメモが見れます。
色んな人が、色んな想いを綴っています。
こういう心意気は面白くて大好きです。

僕もメモを残しておきました。



P1050719.jpg

天気が良いと、ここから利尻富士が見えるらしいけど、
何も見えねぇ(;´Д`)





"日本最北の温泉" 童夢。

P1050721.jpg

でっていう。

なんかもうこの時点で
最北の◯◯とか、どうでも良くなって来た。
こんなもん、言い出したらキリが無いでしょ!w


11時40分、
納沙布岬に到着。
ここから利尻、礼文島を望む事ができるはず…
が曇りのため、なにも見えず!

P1050723.jpg

P1050722.jpg

P1050724.jpg

今日は色々と残念だな(;´∀`)





さて、実は、数日前から、日本一周中のくまさんと
連絡を取り合っていました。


彼は現在、日本最北のマクドナルドに居ます。



さぁ、感動の再開だ。
今行くぞー(`・ω・´)





12時10分、日本最北のマクドナルドにて…

ドナルドの隣に座っている男を発見。
こちらに向かって歩いてくる。
どう見てもくまさんですw


再開しました!!


沖縄から鹿児島へ帰るフェリーで初めて会い、
四国の佐田岬周辺で再開し、
そして、最北の地にて、三度目の対面です!



昼休憩はもちろんマクドナルドです(^ω^)

最近、ジャンキーな食べ物を食べたくて仕方なくて、
ジャンクフード禁断症状が出て来ていました。

せっかくの北海道で
ジャンクフードを食べるのはどうなんだ
と思いつつ回避してきたのですが、
日本最北のマクドナルドは、
まさにジャンクフードを食べるための口実に
最高の場所だったのだw

あぁ、ビックマックうめぇ!!!




その後は、クマさんとずっと旅の話とかをしてました。

あるあるネタが多くて楽しすぎるw



気が付けば


あっと言う間に、15時を過ぎていた。

昨日のバス停の疲れで眠くなったので、
クマさんに見張ってもらいながら、
ちょっと眠るzzz

すまぬ、くま殿(^ω^)



16時、再び起きる。

今日は近くの無料のキャンプ場で泊まる事にして、
wifi環境のあるマクドナルドで早めのブログ更新です。

日本最北のドナルド人形を撮影。

P1050725.jpg

見つめ合う二人…

P1050727.jpg

近づいてみる…

P1050726.jpg

こいつ、歯に鰹節みたいなのがいっぱい付いてるぞwwww

P1050728.jpg


それでは、今からキャンプ場へ行ってきまーす!

では、また明日。
プロフィール

Motty

Author:Motty
28歳、男
HN:Motty
愛車:ninja1000(2011年式、赤)
2013年2月退職予定
趣味:ゲーム、バイク

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
632位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
303位
アクセスランキングを見る>>
count
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
PV
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村